スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
変化→自信
気持ちのいい天気が続いてます☆


最近感じることは
「実際に変われるかどうか?」ということです。


現状よりもっともっと良くしていこうと思ったら、今自分の感じている肉体的・精神的に弱いところを強くしなくてはならないと思います。


ただ自分の弱いところを分かっているのに、実際に変えれる人はごくわずかな気がします。


僕もそうですが、自分の弱いところを「認めることができない・向き合えない」ことが要因の一つにあると思います。


「そんなことはない」
「たまたまできなかっただけだ」
「別にできなくても困らない」


変なプライドが邪魔して、自分の弱いところと向き合えない。


・昔から注意されているところ
・乗り換えなくてはならないのに何年もそのままにしてあること


ここを解決できれば人生がもっと楽しくなることは間違いないということでも、変なプライドや弱さと向き
合うことの恐怖心で解決できないとしたらもったいないです。


向き合えないというより、逃げていると言った方が適切かもしれません。
頭では分かっているのに、実際に行動で移せないと、頭と体が別のことをしているので病気になるらしいです。
しかもそれが長く続くと、いろんなことを受け流すようになり「逃避脳」といわれるものが生まれるらしいです。
体の疲労はストレッチ、マッサージ、入浴、睡眠などで比較的楽になりますが、脳の疲労はやっかいみたいです。



そんなことを繰り返している人は、気持ちの余裕が生まれないのでいつも焦っていたり、「なにかやらきゃ」と時間に終われている感覚に陥ることがあります。僕もよくあります。
ただその「なにか」が特に形あるものではないことがほとんどみたいです。



乗り越えていないのに、なにかまた別の新しいことを始めようとしている。


「一を知って十を知る」


まず一つのことをきっちりやる、やるべきことをやってこそ次のステージに行けるんだと考えてます。

まずはその一を知るためにもっともっと努力しなくてはいけないと考えてます。
けどその一が二、三・・・と繋がっていると信じれれば自然とがんばれます。


昔からあれもこれもやろうという性格で、一つのことをきっちりやるという経験が人よりも少なかった気がします。
今は一つのことをきっちりやることで見えてくる新しい世界を楽しみに、日々過ごしています。


繋がっていると感じると、自然と目の前のやるべきことに集中できるもんだなと少しずつですが実感してます。


一つのこともやりきれないで、もっと高いレベルで、もっとたくさんのことを、もっと良い条件で・・・と言ってる場合じゃないです。


一つのことをきっちりやることで、以前の自分との「変化」を感じ、その変化が「自信」を生んでくれると思います。
自分の弱さを素直に受け入れれば、初めは悔しくても「じゃあどうすれば強くなるのか?」と具体的な方法を考えようとします。
そうしたらあとはやるだけです。



なんか最近めちゃめちゃ楽しいです☆











スポンサーサイト
2008~2009 | 15:41:04 | Trackback(0) | Comments(5)
自分次第
どーも、久しぶりの更新です☆


前回のブログから2回ほど更新しようとして、文章もできあがってましたが、最後の更新のところでなぜか消えてしまいました・・・・大丈夫か俺のパソコン。


気がつけば6月です。
本格的に梅雨に入ると、毎年体調が悪くなるので、自己管理しっかりしようと思います。
みなさんも体調を崩されないように★



先日福井県にある「永平寺」というお寺に行ってきました。
以前から行きたいと思っており、ちょうど大学時代の仲間と福井で食事する予定があったので、その前に行ってきました。

ガソリン代の値上げもあり、もちろん車で行けるわけもなく、電車で行きました。
久しぶりに電車にのると、いろんな発見があっておもしろいです。


「KY」という言葉を連呼してる高校生達、さらには「萌え?」って言ってる子もいました。
実際に使ってる人いるんだと思い、かなり衝撃でした。


乗車している8割ぐらいの人が携帯いじってました。
僕はメールする人もそんなにたくさんいないので、ボ?としてたらそんな光景を不思議そうに外国人の方が見てました。
たまたま僕と目が合い、思わず笑ってしまいました。
日本は平和です(笑)



そんな感じで福井駅に到着してから、今度はえちぜん鉄道というものに乗り換えて永平寺まで向かいました。

このえちぜん鉄道の中にはガイドさんがいました。
お年寄りの方や、乗換えが分からない方たちに丁寧に説明されてました。
いいものが見れました。


ただ電車が来る前に駅のホームのトイレに入ったら、いきなり水をかけられました!
トイレ掃除をしてた駅員さんのホースから出てた水ががっつり右足下腿部に直撃です。

「あ?ごめんごめん」
って感じだったので、おしっこすることも忘れガチンコ。


お客さんに気持ちよく使ってもらうためのトイレ掃除だと考えたら、そのお客さんが入ってくることくらい予測してほしかったです。
完全にやっつけ仕事だったのでさすがにかちんです。


そんなことしてたら電車に乗り遅れました(笑)


最高にツイてないなと思ったらさらにツイてないことに、永平寺の最寄り駅まで着いてからバスに乗っていくんですが、その時間帯にバスが出ておらず次のバスが2時間後。
タクシーは高いので乗れないし、歩いて永平寺まで向かうことにしました。


そうしたら2時間かかりました(笑)


2度と来るかと思わせるほど、初めての福井遠征は散々でした(笑)




けど永平寺はものすごいパワーのあるとこでした。


体が楽にというか軽くなる感じが入った瞬間しました。
これがパワースポットと呼ばれるところなんでしょうか?






素晴らしい言葉もたくさんありました。


『「知る」ということと「わかる」こととは違うのです。

知ってはいても実行されなければわかったことにはなりません

薬の効能書を読んだだけでは病気は治りません

禅も実行してはじめてわかることです』



『何事においても最初の一歩を間違えるととんでもない方向へ行ってしまいます

仏道の修行は自分が救われるためではなく

世のため人のためにつくすことです

この誓願から最初の一歩を踏み出しましょう』



いつも周りの方に言ってもらってるような言葉がたくさんお寺に中に並んでいたので、余計に身にしみました。


その日にあった嫌なことも吹き飛びました。



トイレに入るときに気を抜いていた僕が悪いんです。
いつでも周りのあらゆることに目を向けて先を読まなければ・・・。


そして大学の友人とご飯を食べ、その話をしてたら

「あっ!俺も前そのトイレで水かけられたぞ!」




・・・・やっぱ僕のせいじゃないです(笑)



みなさんたまにはリラックスして生きてゆきましょう♪











2008~2009 | 14:56:02 | Trackback(0) | Comments(0)
6感をフルに使って
気持ちのいい天気が続いてます☆


毎日感じるのは自分の経験の乏しさ。

努力した経験、楽しいor苦しい経験、成功or失敗した経験、感動した経験・・・・・
あらゆる経験が本当に足りない。
特に仕事に関しては経験豊富な先輩方の仕事ぶりを見たり、話を聞かせてもらったりするたびに自分とのあまりの差に落ち込みそうになる。
経験の差は本当に大きいと思う。


だから先輩も若造も関係ないものってなにがあるんだろうとよく考える。
たぶん「気持ち」しかないと思う。
逆に言えば僕みたいな若造がここが抜けたら何もないと思う。



自分の思うように動いてみる。

で必ず失敗する。

その失敗を反省点としてまたやってみる。

また、失敗する。

けど、少し前よりは手ごたえがある。

「また、失敗した。けど、ここは前よりはちょっとよかったな。」

その「ちょっとよかったかも」が次へのモチベーションになってまた動き出す。


今はこの繰り返しをするしかないと思う。
この繰り返しを支えるのはまさしく「気持ち」だと思う。


そんなことをしてるうちに自分もベテランと呼ばれ、それなりに経験をつんだなと思えるときがくるかもしれない。
一丁前に後輩に「俺も若いときは・・・」とえらそうに話してるかもしれない。






自分は「失敗を恐れない人間」だと思ってた。

けど、それは本当に大きな失敗をしたことがなかったからだと気づいた。

社会に出てからは大きな失敗を何度もしてるし、今もしている。

すると失敗を恐れて、次への一歩が出ない状況が何度も出てきた。

こんなに自分は弱いものかと愕然とした。


動き出せないでいるといろんなことに気づいた。

失敗もないけど、成功もない。

何も成長しない。

そうすると腐りそうになる。

だから動きださなきゃと思うと、また失敗するんじゃないかと少し怖くなる。

だからチャレンジしなくなる。

このサイクルにのることは一番まずい。




話がよくわからなくなったけど、最近は失敗も次へつなげれるようになってきた。

失敗の怖さを少し知った上で、失敗を恐れずチャレンジする意味は大きいと思った。

とにかく自分の体で感じたことしか残らないし、人にも伝えられない。
だからこそ、どんどん自分の体使っていろんなことを感じるしかない。
そう感じると、無駄なことなんか一つもないと感じるようになった。
いつもの風景も違って見える。
モタモタしてる暇なんかない。


最近は明日が来るのがワクワクする。
自分の周りの方たちもなんか楽しそう。


いまさらですが2008年はなにかおもしろくなりそうです。




2008~2009 | 00:09:45 | Trackback(0) | Comments(5)
異国の地で感じたこと
久しぶりの更新です★
気づけば4月も中旬になってます、もっとこまめに更新せねば・・・。

ここ最近はいろんなことがありました。

まずは3月中旬から約2週間アメリカにトレーナー研修に行ってきました。
まだまだ勉強中の身でありながら僕のわがままで今回行かせてもらい、多くの人にご迷惑をおかけしました。
それでも承諾してくださったスタッフの方、お客様には本当に感謝しています。



今回はメジャーリーグ球団のワシントンナショナルズというチームのスプリングキャンプに、参加させていただきました。
場所はフロリダということで、天候にも恵まれ有意義な2週間となりました。

今回の目的として、知識の向上はもちろん、異文化に接して、いろいろな国の人たちの中で働くことで、普段日本にいては気づかないことを感じることができればと思っていました。
実際アメリカ人以外の選手も多く、特に中南米(ドミニカ、ベネズエラ、グアテマラ、パナマ)の選手も多く、英語+スペイン語が飛び交う環境でした。


今回は見学ではなく、一人のスタッフとして働かせてもらったので、いろいろと仕事も任せてもらいました。
最初は簡単な仕事から任されるのですが、とにかく話していることが聞き取れないので失敗の連続でしたが、後半はなんとか聞き取れるようになり、こっちもカタコトの英語で意思疎通ができるくらいまでにはなりました。
毎年インターン生には約60人ほどの選手を相手に、ウォーミングアップでのストレッチ指導をするというのが恒例になっているみたいで僕もやらせてもらいました。
英語での指導という初めての経験は、思い出の一つになりました。
アメリカ 276
アメリカ 289


それとよく言われることですがコミュニケーションの重要性を痛切に感じました。
「自分の意見を言わない。自分がどういう人間かアピールしない。」ことは僕が思っている以上に、マイナスな要素が大きいなと。
日本でも言われることですが、アメリカに行ってさらに強く感じました。


あとは今まで味わったことのないようなある種の劣等感もいい経験になりました。
日本人ということが理由なのかわかりませんが、バカにされたり冷やかされたり、なんで笑われているかわからない状況も最初の方はありました。
ただでさえ大男達ばかりに囲まれている今までにない環境で、このような状況はさすがに落ち込みました。
言いたいことがあるのに伝わらない歯がゆさも追い討ちをかけました。


けどある程度追い込まれると「じゃあ自分はどうすればいいのか?」ということを嫌でも考える状況になったので、それがプラスになったと思います。

愛想笑いをやめる、話が伝わらなくても諦めない、納得いかないことには反論するなど、一見バカみたいな決意もプラスに働きました。
本音で話せるというところまでは行きませんでしたが、コミュニケーションがとれるところまでは到達できたかなと思います。
「自分は日本人なんだ」とここまで強く感じたことはありませんでした。


またあまりにも英語が話せないので、早く英語に慣れるために選手と同じホテルで共同生活させてくれたこともいい経験になりました。
練習中には見られない野球に対する姿勢、家族への愛情、母国への思いなど、貴重な話が聞けたのは良かったです。
特に選手を引退した後のことを考えてる選手の多さに驚きました。

また厳しい世界にいながらも、いつも陽気に振舞っている選手が多く、一緒に生活していて楽しく感じました。
特に黒人選手は音楽が流れると、自然に踊りだしたり歌いだしたりして、いつも周りを盛り上げていました。
アメリカ 353
アメリカ 363

アメリカ 361



振り返ってみると、「アメリカだからすごいことやってる」「日本だからできない」というようなことはほとんど感じませんでした。
アメリカにも日本にもそれぞれ見習うべきところがあると思ったし、とにかく今自分が置かれている環境で全力が出せない人間はどこ行っても何しても変わらないなというのを、個人的に一番感じました。


ただ異国で生活することで今まで気づかなかった自分に出会うこともできたし、物事に対する視野を広げる機会になりました。
まだまだ自分が知らない世界はたくさんあるんだと。


最後に、今回このような素晴らしい機会を設けてくださったワシントンナショナルズヘッドストレングスコーチの友岡和彦さん、本当にありがとうございました。


友岡和彦さんのサイト
http://sportstrainers.jp/




2008~2009 | 00:27:30 | Trackback(0) | Comments(3)
「トレーニングジャーナル」4月号に特集されました★
最近ようやく気持ちのいい天候が、ここ富山でも見られるようになってきました☆
やっぱり太陽の光を浴びれるだけで、こんなにも気持ちが明るくなるもんなんだとそのパワーに驚いている僕です☆


さて毎月発行されている「トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)の4月号に、STAGECOACHが特集されました!!

「伝統的なトレーニングを見直そう」というテーマで、うちのジムが行っている「薪割りトレーニング」に注目をしていただき、今回記事にしていただきました!

先月編集部の方が東京からわざわざ足を運んでくださり、うちのオーナーが取材を受けました。
昔は当たり前のようにやられていた薪割りも、個々の体の使い方や癖に注目してみるといろいろ見えてきて本当におもしろいんです。
詳しくは記事を読んでください☆
非常にわかりやすくまとめていただいています。

僕はその取材の様子をじ?っと眺めていました。
お互い熱くなって話している様子を見てなんだかニヤニヤしてましたし、話が脱線してもあえて修正することなく「おもしろいな?」とただただニヤニヤしてました(笑)
自分の仕事に熱意持ってる方同士が話してるのを見るのは、なんともいえない気持ちよさがあります☆

おっと、話が脱線しました・・・。


薪割りに関わらず、昔から今でも継続して行われているものは必ず理由があると思います。
次々に新しい理論や情報が飛び交っていますが、何十年、何百年と行われているものを立ち止まって考えてみることもいろいろと発見があっておもしろいと思います。


最後に、編集部のA様本当にありがとうございました。

tj.gif


今日の格言
『型にはめないおもしろさ』

2008~2009 | 00:04:57 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
PROFILE

磯谷貴之(いそがいたかゆき)

<
TOP PAGE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。